車体が事故になっていた場合、十分に修理をした後も

車査定サイトを通して査定を申し込み、数あ
車体が事故になっていた場合、十分に修理をした後も査定を受けても、事故前と比較して査定金額が大幅にダウンすることを査定落ちと呼ばれています。



格落ち、評価損とも名づけられています。



しっかりと直して、性能に関しては劣化がなくても、事故を起こした車両というマイナスイメージだけで査定落ちしてしまうんです。



トータルの走行距離が10万キロをオーバーしている車を売る場合、査定を受けても価値がつかないことが多いです。



しかし、一概にそうとも言えない場合があります。



例えば、タイヤを変えてから日が新しいとか、車検が十分に残っているといった何らかの価値がある車を売る場合には、値段がつく可能性が高いです。



複数の買取業者にあたってみるのが良いと思います。



車の売却査定時にはスタッドレスタイヤがついているかどうかは、ほとんど価格に影響しません。



タイヤに付加価値がつかないのなら、タイヤ専門店やオークションサイトで売却したほうがトクというものです。



ただ、豪雪地域や寒冷地など冬タイヤが不可欠の地域では必需品なので、つけておいたほうがプラスになるでしょう。