中古車業者のいくつかに査定を、愛車売買のためにしていただ

原則的に、車査定において持っていなければならない国家
中古車業者のいくつかに査定を、愛車売買のためにしていただきました。



それらの中で、ガリバーが最も高額買取価格を示してくれたので、こちらの業者に売ることを売買契約をしました。



一番はじめにネット上で車査定し、その後、愛車を店舗に持っていったところ、ネットでの査定よりも高い金額を提示されたため、すぐに売却を決めました。



買い換え前に乗っていた車は乗り始めて長年経っており、車検期間も残り僅かだったので買取で金額が付くとは思っていませんでした。



そこで、今回車を購入した店舗にそのままタダで引き取らせてしまいましたが、その引き取ってもらった車が後日、結構な高値で転売されていたのです。



こんなことになるなら、買取業者に査定をお願いして適正な売却価格を調べておくべきだったと今になって悔しく思っています。



中古車買取業者を利用するときは、走行距離によっても査定価格に大きな違いが生じます。



一般的には1年10000kmと言われており、それより多いか少ないかが査定額に反映されます。



走行距離だけに限って言えば、短ければ短いほど査定にプラスされ、10万キロ近く走っている車は見た目が良くても、値段がつけにくい車となります。



また、車種や用途によってもいくらか幅があり、こればかりはプロの手に委ねるしかないでしょう。