中古車の下取り価格は走行した距離よってだい

実際に車を見て査定してもらう際に、店舗まで車を持って
中古車の下取り価格は走行した距離よってだいぶ左右します。



10万kmを超えた車だと下取り、査定価格の期待はできないです。



けれども、3年で3万km以内、5年で5万km以内、1年で1万km以内の走行距離の普通自動車ならば下取り価格が高価になりやすいです。



総距離が少なければ車の状態が良いとの判断になるわけです。



今乗っている車にも大変愛着があるのですが、このたび家族が増えまして、我が家でも思い切って車を買い換えようという話になりました。



その時のことですが、一社単独の業者に最初から頼むことはせず、目星をつけたいくつか複数の業者に査定を依頼し、その中から一社、最も高い査定額を出してくれた業者を選んで、車を売ることにしました。



スタッドレスタイヤに付け替えていましたが、元々の値段が結構しますからその分かなり査定額が上がるだろうと勝手に楽しみにしていましたが、それ程値段の違いはなかったです。



小さいヒビ割れもあり、相当減ってもいて、悪いといっていいような状態の物だったらしいので、売却はできませんでしたが、自分で処分するとなると費用がかかりますし、無料で引き取ってもらえて良かったです。



それはともかく、新しくて減りの少ないスタッドレスタイヤであれば車と一緒に売ってしまわず、スタッドレスタイヤだけで売りに出した方がいい値段がつくようです。



車の買取を検討していたので、WEBの簡単査定サービスを使ってみました。



買取に出す車は赤のアウディで、新車で買って5年しか経っておらず、そこそこ高い値段が付くのではないかと思っていたら、予想に反して安い額を付けられたので驚きでした。



その査定をしてくれた業者の担当者に説明に来てもらったところ、「アウディは軽自動車より低い査定額しかつかない」とのことで本当に驚きました。