事故してしまい車を修理した時は、事故車と呼ぶのではなく修

普通は、車を売ったときに買取会社などから査定書が発行される
事故してしまい車を修理した時は、事故車と呼ぶのではなく修復暦車といいます。



こういった場合、車買取業者の査定において、査定の金額が、大幅に下がってしまう原因のひとつとなります。



ただし、軽度の事故の修理の場合、修復暦車とみなされない場合もあり、高額査定が受けられる車もあります。



ずっと車検に出していなかった車でも、買取業者に買取を依頼する分には問題ありません。



車検を通してから買取に出したとしても、その費用が回収できることはほぼ皆無ですから、業者に出張査定をお願いするほうがお得です。



廃車にしようと思っても、結構な手間や費用がかかってきますから、遅くならないうちに査定をお願いして、少しでも価値が残存している間に引き取ってもらいましょう。



事故車と言われている車は文字通り事故で損害を受けた車のことです。



適切に修理されていればどの車が事故を起こした車なのか一般の人にはほとんどわかりません。



事故車かどうかを気に掛けない方なら関係がない問題ですが、どうしても懸念があるという方は中古車を買う時には入念に調査することが必要です。