車の査定を受けることになって、その前に、車

当然かもしれませんが、自動車を欲しがる人
車の査定を受けることになって、その前に、車についてしまった傷やへこみをどうしたものかと判断に迷うこともあるでしょう。



これは傷の大きさによります。



小さくて自分で直せそうなら、直しておくにこしたことはありませんが、修理工場に出すまではしなくても大丈夫です。



理由は時間とお金をかけて傷を直し、それで査定額がプラスされたとしても修理にかかるお金の方が間違いなく高くつくからで、そこそこ大きな傷は直さずにその状態で査定員に見てもらうのが正しいです。



事故にあった車の時は、高い修理代を払っても、事故以前と同等のレベルにすることもよくある事です。



事故時に車が受ける衝撃によって、フレームに歪みが発生してしまうと、完全に修理することができないこともあります。



事故車に修理代をつぎ込むよりも、事故車を専門に買ってくれる業者に売却して、新車を購入する方が安全面ではいいかもしれません。



車を査定される時には、必要な書類や取扱説明書、記録簿などを事前に準備だけでもしておけば好印象になり、査定額アップにつながることもあるので、しておいた方がよいでしょう。



逆に、故障や事故歴などを報告しなかったり、嘘をついたりすると悪い印象を与えます。



修理歴や故障などを偽っても、必ずばれますからトラブルになるのです。