先日、車を買い替えるので、中古車の一括

故障して動かない車だと買い取りはしてもらえないと思って
先日、車を買い替えるので、中古車の一括査定を依頼しました。



下取りで依頼するより、買取を依頼した方が、得であるという情報を耳にしたからです。



インターネットの査定への依頼は、複数の業者から査定してもらえる事が可能なのです。



結果的に利用してよかったと感じています。



考え方は人によって様々だと思うのですが、個人的には一番スマートな方法だと思っているので、車の買い換え時には、ディーラーに下取りに出さず、専門の買い取り業者を利用して査定を受け、買い取ってもらうことに決めています。



PCやスマホを使って、インターネット上の一括査定サイトに行きます。



そこで、そこで車種などの売りたい車の情報や、個人のいくつかの情報を書きこんで登録をすると、業者の方から電話かあるいはメールで連絡がきます。



普通、四社とか五社くらいから連絡がくるようです。



電話がきたらそこで、どのくらいの値段で車が売れるか尋ねます。



そこから、納得のいきそうな業者を三つくらいまでに絞り込み、他のところには、もう断りの電話を入れてしまいます。



新車などに買い替える場合に、今まで乗ってきた車を元のディーラーで下取りに出すケースが多く見られると思います。



でも、大半のケースでは、下取りでは納得いくような査定をしてもらえないものなのです。



一方で、車買取りの専門店に売却る場合は、車を下取りする場合よりも、高額に査定してもらえることが多いでしょう。