新車購入時に今まで乗ってきた車の方をディー

家族が増えたので8年間乗ってきた車を買い換えることにし

新車購入時に今まで乗ってきた車の方をディーラー下取りに出すことがあります。車でディーラーに行けば購入の商談中に下取り査定も済んでしまいますから、自分で買取業者を見つけて売るのと違ってスピーディーかつ手軽に車の処分ができます。とはいえ、金額的に考えるとディーラー下取りと業者買取りなら、ディーラー価格は業者価格より安くなってしまうといった違いがあります。

安い値段で下取りされると後悔が残りますし、高く売るつもりなら中古カービューの車買い取り業者に依頼する方が良いのは言うまでもありません。

2~3年前のことになりますが、車を買い替えることにしようと思った際、より高い価格で買取してもらえる業者を見つけたいと思っていたことがあります。

その時には、情報収集の方法としてインターネットで車の買取価格を詳しく調べた上で、車の一括買取サイトに申込を行いました。

思っていたよりも低い買取金額の提示が多かったのですが、車の査定価格は時期によってもわずかに異なるようです。自家用車の買取サービスには、離島等でもない限り手数料はかかりません。

ただ、車両の名義を変更する必要がありますから、売主でなく買主側で変更するのが慣例になっていますから、買主は代行手数料という形で支払います。

払うくらいなら自分でするという人もいますが、新しい所有者が揃える書類(車庫証明等)も必要ですし、お互いに予定の調整や連絡が煩雑になることから、結局は依頼する人が多いです。

代行手数料は査定価格から相殺してもらうのが一般的で、そうでない場合は契約書を記入したときに別に支払うこともあるので、事前に確認すると良いでしょう。

そのほか、細かいことですが、「印鑑証明」「住民票」が欠かせませんので、取得費として印紙代がかかります。自治体によって差はありますが両方あわせても1000円未満でしょう。車査定を行う場合、店舗に足を運んだり、業者のほうから自宅へ足を運んでもらうのが一般的です。

また、メールでの中古車査定を行うところもあります。

ただその場合、買取業者と直接のやり取りが必要なため、かなり面倒です。

中には、何回も営業を仕掛けてくるケースもあるので、いい加減にうんざりだと思うこともあるでしょう。中古車の売却をする前にしておきたいことといえば、机上調査と実地チェックがあげられます。

つまり、ひとつは査定サイトなどを活用して市場動向を把握することが大事です。市場価値を知らないと、実勢価格より安い値段で売却してしまうことだってありますから、事前調査は欠かせません。あと一つしておくべきことは、車磨きです。外側は普段と同等で構いませんから、内部を徹底的に掃除するのです。家や車には独特のニオイがありますが、これが残っていると査定士はマイナスチェックをしますし、使用感のある車は好まれません。あちこち中古車買取店舗巡りをせずに、オンラインで中古車査定ができてしまうホームページが無数に存在しているものです。

サイト上で算出した金額よりももっと詳しい価格は査定士が現実的にその車の状態を見積もってみないことには算定不可能でしょうが、たくさんの買取業者の見積もりを同時に瞬時に知ることが可能ですから、今の時点で自分の車が概算で幾らぐらいするかが分かります。それにもまして、相場とあまりにもかけ離れた値段を付けた買取業者を除き、それ以外を実際の売却店として考慮することが可能になるでしょう。

さていよいよ業者に査定をしてもらうという時、その前に洗車をしておくのが基本です。

買取業者の査定員がたとえ海千山千であってもやはり人間なので、ドロドロに汚れた車などより丁寧に洗車された方に気持ちを入れたくなるというものでしょう。

車の汚れについてはそれだけでなく、汚いままだと、小さな傷などの有無を確認するのが難しく、そこで査定額が減らされる可能性もあります。

また細かいことですが洗車に際しては洗いやすい外装だけではなくタイヤまわりも洗っておきましょう。

走行距離が10万キロを超えている中古車は、査定をお願いしても、実際には価値がつかないことが多いです。

ですが、タイヤがまだ新しかったり、十分な車検の期間が残されているなど、なにかしらの値打ちがある車両であれば思った以上に値段をつけてくれる可能性もあります。一軒の買取業者で値段がつかなかったとしても、他の買取業者では買い取ってくれる場合もありますから、複数の業者を訪ねるのが良いでしょう。

自分が乗っている車を査定に出すと、どんな値段がつくか把握しておきたい時にお誂え向きなのが、ネット接続しているパソコンや、あるいはスマホでも表示できる、車査定のサイトです。

便利なサイトなのですが、実は利用にあたっては電話番号や住所といった、コアな個人情報の書き込みが必須であり、それなしでは利用できません。

大事な個人情報ですから、入力に抵抗がある人もいるでしょう。

そういった場合は、一応少ないながら、個人情報の入力をせずとも査定額を出してくれる仕様のところもあって、そういったところを利用してみてください。

普通の中古車屋の場合、買取査定は無償というところが圧倒的に多いです。しかしながら買い替えでディーラーによる下取りが行われる場合には、明細書に「査定費用」の項目があって驚いたという人も少なくありません。例えば下取額が10万円で査定手数料が1万円なら、実質利益は9万になるということです。同じ「中古車」なので買い取りだろうと下取りだろうと似たようなものだと思っているとしばしば起こりうる失敗です。

だからこそ、契約書にサインする前に査定手数料は必要なのかをいま一度はっきりさせておきましょう。無償ではないことがわかれば、買取業者の方が有利ということで、ディーラーに価格交渉するネタになります。