事故にあった車でも査定は申し込めますが、査定

リサイクル代金のほうが支払済みである車を下取りして
事故にあった車でも査定は申し込めますが、査定金額はまず低くなってしまいます。



とは言っても、事故車であるということを隠そうとしても査定する人にはバレてしまうので、印象が悪くなってしまいます。



事故によるダメージが大きすぎる場合には、事故車専門で行っている中古車買取会社に査定を頼むと良いかもしれません。



こちらの方が良い査定額をつけてくれることも出てきます。



誰でも車の査定では、可能な限り高値をつけてもらいたいものですが、そのための話の進め方があります。



一つの例を紹介します。



まず最初に、いくつかの業者にあたって、見積もりを出してもらうようにします。



具体的な値段の話はまだしません。



出してもらった金額の、一番高いところを基準にして価格交渉をしてみます。



話がスムーズに進めば、基本としていた金額より、さらに上乗せした額をつけてもらえることがありますが、こういったやり方を繰り返すと、本気の交渉ではないと間違って判断される恐れがありますので、その点も少し気を付けましょう。



車の査定は自家用車を置いている場所まで来てくれる出張査定でも、基本的にはどこの業者も無料で行っていますが、稀に料金が発生する場合があります。



その時は査定料金としてではなく、出張費として請求されるケースが多いです。



お金を請求するところが違法な買取業者という訳ではないのですが、余計な費用をかけないためにも、可能であれば無料査定のところを利用してください。