愛車の下取り、査定価格では走った距離に

ローンの返済中ですが、その車両が担保となっているん
愛車の下取り、査定価格では走った距離によって大きく異なります。



例えば10万km超えの車だと買取下取り価格に期待は持てません。



しかし、3年で3万km以内、5年で5万km以内であったり、年間、1万km以内の前後の普通自動車だと査定額、下取り価格も高くなりやすいです。



過去、走った距離が少ないと車の状態が良いとの判断となるわけなのです。



私が知る限りでは、最も車を高く買い取ってもらうための方法として同時査定という方法があります。



これはインターネットの一括査定サイトを活用し、同時に複数の業者からの現物査定を受けることで、買取価格を競ってもらいます。



オークションのようにすることで、より高値を付けてもらえるかもしれません。



もちろん、必要な重要書類をあらかじめ揃えておき、その場で契約成立できるようにしておくこともポイントです。



近頃では、車の買い換えを行う際、専門の買い取り業者を利用する人が多くなってきているようです。



ところで一つ気にしておきたいことがあり、事故歴や修理歴について、相手にきちんと伝えておかないとどうなるか、です。



車を売却する際には、店と契約書を交わしますが、そこにある買取査定規約によりますと、事故歴については、わかっている場合には申告の義務を負うことになっています。



この義務を遂行しなかった時、つまり申告しなかったり嘘をついたりしていた時には、売買契約成立後、それどころか買い取り後でも事後減額要求が可能になっております。



事故歴の申告は必ずしておいた方がいいでしょう。